2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級(協会)実技202209問3 | トップページ | 2級(AFP)実技202209問1 »

2級学科202209問題24

問題24: 債券のイールドカーブの一般的な特徴等
 
正解 : 2
 
1. 適切。イールドカーブは、縦軸を債券の利回り、横軸を債券の残存期間として、利回りと投資期間の関係を表した曲線である。
 
2. 不適切。イールドカーブは、好況時に中央銀行が金融引締めを行うとフラット化し、不況時に中央銀行が金融緩和を行うとスティープ化する傾向がある。
 
3. 適切。イールドカーブは、将来の景気拡大が予想されるとスティープ化し、将来の景気後退が予想されるとフラット化する傾向がある。
 
4. 適切。イールドカーブの形状は、通常、右上がりの順イールドであるが、急激な金融引締め時に右下がりの逆イールドとなる傾向がある。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題23 | 2級学科の出題傾向(202209) | 問題25 >>
 
 

« 3級(協会)実技202209問3 | トップページ | 2級(AFP)実技202209問1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級(協会)実技202209問3 | トップページ | 2級(AFP)実技202209問1 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ