2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級学科202201問47 | トップページ | 2級(AFP)実技202205問17 »

2級学科202201問題26

問題26: 株式の信用取引の一般的な仕組み
 
正解: 2
 
1. 適切。信用取引では、現物株式を所有していなくても、その株式の「売り」から取引を開始することができる。
 
2. 不適切。制度信用取引の建株を一般信用取引の建株に変更することはできない。また、一般信用取引の建株を制度信用取引の建株に変更することもできない。
 
3. 適切。信用取引では、売買が成立した後に相場が変動して証券会社が定める最低委託保証金維持率を下回った場合、追加保証金を差し入れるなどの方法により、委託保証金の不足を解消しなくてはならない。
 
4. 適切。金融商品取引法では、株式の信用取引を行う際の委託保証金の額は 30万円以上であり、かつ、当該取引に係る株式の時価に 100分の30を乗じた金額以上でなければならないとされている。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 3級学科202201問47 | トップページ | 2級(AFP)実技202205問17 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級学科202201問47 | トップページ | 2級(AFP)実技202205問17 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ