2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級学科202201問21 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問14 »

2級学科202201問題19

問題19: 医療保険等の一般的な商品性
 
正解: 1
 
1. 不適切。特定(三大)疾病保障定期保険は、特定(三大)疾病保障保険金、死亡保険金、高度障害保険金のいずれかが支払われると保険契約が終了する保険である。したがって、悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態と診断され、特定(三大)疾病保障保険金が支払われた場合、保険契約は終了する。
 
2. 適切。がん保険では、通常、90日間または 3ヵ月間の免責期間が設けられており、その期間中に被保険者ががんと診断確定された場合であっても、がん診断給付金は支払われない。
 
3. 適切。人間ドックの受診で異常が認められ、医師の指示の下でその治療を目的として入院した場合、その入院は、医療保険の入院給付金の支払対象となる。
 
4. 適切。先進医療特約で先進医療給付金の支払対象とされている先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣によって定められたものである。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題18 | 2級学科の出題傾向(202201) | 問題20 >>
 
 

« 3級学科202201問21 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問14 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級学科202201問21 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問14 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ