2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 建築面積の最高限度を算出する基礎となる敷地面積 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問4 »

2級学科202201問題27

問題27: ポートフォリオ理論の一般的な考え方等
 
正解: 4
 
1. 適切。アセットアロケーションとは、リスクとリターンを勘案しながら、投資資金を複数の資産クラス(株式、債券、不動産等)に配分することである。
 
2. 適切。アセットアロケーションは、投資家それぞれの資産状況や年齢、運用目的によって、定期的に見直すことが重要である。
 
3. 適切。ポートフォリオのリスクは、組入れ銘柄数を増やすことで減少していくが、組入れ銘柄数が一定水準以上になると、銘柄数を増やしてもリスクが減少しにくくなる。
 
4. 不適切。ポートフォリオの期待収益率は、組み入れた各資産の期待収益率を組入比率で加重平均した値となる。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題26 | 2級学科の出題傾向(202201) | 問題28 >>
 
 

« 建築面積の最高限度を算出する基礎となる敷地面積 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問4 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 建築面積の最高限度を算出する基礎となる敷地面積 | トップページ | 2級(AFP)実技202201問4 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ