2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級学科202105問55 | トップページ | 3級学科202105問56 »

2級学科202105問題30

問題30: 投資主体別の動向
 
正解: 4
 
1. 適切。2010年および 2020年において個人(現金取引と信用取引の合計)はいずれも売り越しており、2010年の売越し額は 2020年の売越し額の約 2倍である。
 
2. 適切。2010年の海外投資家の買越し額は個人(現金取引と信用取引の合計)の売越し額を上回り、2020年の海外投資家の売越し額は個人(現金取引と信用取引の合計)の売越し額を上回る。
 
3. 適切。2010年と 2020年を個人で比較すると、2020年は売り買い共に現金取引金額に比べて信用取引金額の方がより増加している。
 
4. 不適切。2010年と 2020年を海外投資家で比較すると、2020年は売買代金の委託合計金額に占める海外投資家の取引金額の割合が上昇している。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 3級学科202105問55 | トップページ | 3級学科202105問56 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級学科202105問55 | トップページ | 3級学科202105問56 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ