2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 贈与税の配偶者控除の適用要件を満たす婚姻期間 | トップページ | 3級学科202105問29 »

2級学科202105問題26

問題26: 金融派生商品の取引の一般的な仕組みや特徴等
 
正解: 3
 
1. 適切。オプション取引において、コール・オプションは「原資産を買う権利」であり、プット・オプションは「原資産を売る権利」である。
 
2. 適切。原資産を保有している投資家は、その先物取引で売りヘッジを行うことで、取引を行った時点以降の原資産価格の下落によって生じる評価損を先物取引の利益で相殺または軽減することができる。
 
3. 不適切。先物価格が今後上昇すると予測される場合、先物取引で買建てし、後日、実際に相場が上昇したときに転売することで利益を得ることができる。
 
4. 適切。金融派生商品を利用することで、現物取引を行った場合と同等の経済効果を、より少額の資金で実現することができる。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 贈与税の配偶者控除の適用要件を満たす婚姻期間 | トップページ | 3級学科202105問29 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 贈与税の配偶者控除の適用要件を満たす婚姻期間 | トップページ | 3級学科202105問29 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ