2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級(協会)実技202105問1 | トップページ | 2級(AFP)実技202105問28 »

2級学科202101問題28

問題28: 一般NISAおよびつみたてNISA
 
正解: 4
 
1. 適切。2020年に一般NISA勘定を通じて上場株式を購入した場合であっても、2021年に別の金融機関に一般NISA勘定を設定することができる。
 
2. 適切。2021年中に一般NISA勘定を通じて新規購入することができる限度額(非課税枠)は、120万円である。
 
3. 適切。つみたてNISA勘定を通じて購入することができる金融商品は、所定の要件を満たす公募株式投資信託やETF(上場投資信託)であり、長期の積立・分散投資に適した一定の商品性を有するものに限られている。
 
4. 不適切。一般NISA勘定やつみたてNISA勘定を通じて購入した公募株式投資信託等に譲渡損失が生じた場合、その損失の金額はなかったものとみなされるため、特定口座や一般口座で生じた上場株式等に係る譲渡益の金額と損益の通算をすることができない。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 3級(協会)実技202105問1 | トップページ | 2級(AFP)実技202105問28 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級(協会)実技202105問1 | トップページ | 2級(AFP)実技202105問28 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ