2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 3級学科202101問40 | トップページ | 2級(AFP)実技の出題傾向(202101) »

2級学科202101問題56

問題56: 相続税における宅地の評価
 
正解: 1
 
1. 適切。宅地の価額は、その宅地が登記上は 2筆の宅地であっても一体として利用している場合は、その 2筆の宅地全体を1画地として評価する(財産評価基本通達7-2)。
 
2. 不適切。宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、どちらの方式を採用するかについては、宅地の所在地により各国税局長が指定している。
 
3. 不適切。倍率方式によって評価する宅地の価額は、原則として、その宅地の固定資産税評価額※に一定倍率を乗じて算出する(財産評価基本通達21-2)。
 
4. 不適切。二方面に路線がある角地を路線価方式によって評価する場合、それぞれの路線価に奥行価格補正率を乗じた価額を比較し、高い方の路線価が正面路線価となる(財産評価基本通達16)。
 
 
※固定資産税評価額の計算過程において、既に(不整形地である場合等を含む)個別事情が斟酌されている。
 
 
資格の大原 資格の大原 公認会計士講座
 
 

« 3級学科202101問40 | トップページ | 2級(AFP)実技の出題傾向(202101) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級学科202101問40 | トップページ | 2級(AFP)実技の出題傾向(202101) »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ