2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 3級(協会)実技201909問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201909問13 »

2級学科201909問題10

問題10: 決算書に基づく経営分析指標
 
正解: 1
 
1. 不適切。固定比率は、自己資本(株主資本)に対する固定資産の割合を示したものであり、一般に、この数値が低い方が財務の健全性が高いと判断される。
 
2. 適切。損益分岐点売上高は、「固定費 ÷ 限界利益率」の算式によって求めることができる。
 
3. 適切。自己資本比率(株主資本比率)は、総資産に対する自己資本(株主資本)の割合を示したものであり、一般に、この数値が高い方が財務の健全性が高いと判断される。
 
4. 適切。当座比率は、その企業の短期の負債に対する当座資産による支払能力を評価するための指標であり、一般に、この数値が高い方が望ましいとされる。
 
 
資格の大原 ConoHa WING FP入門講座開講
 
 

« 3級(協会)実技201909問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201909問13 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3級(協会)実技201909問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201909問13 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ