2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 2級(AFP)実技201905問32 | トップページ | 著しく低い価額の対価での財産の譲渡 »

3級学科201905問27

問27: 著しく低い価額の対価での土地の譲渡
 
正解: 1
 
適切。相続税法の規定によれば、子が父から著しく低い価額の対価で土地の譲渡を受けた場合、実質的な贈与とみなされ、原則として、当該対価と譲渡を受けた土地の時価との差額に対して贈与税が課される(相続税法第7条)。
 
 
資格の大原 資格の大原 公認会計士講座
 
 

« 2級(AFP)実技201905問32 | トップページ | 著しく低い価額の対価での財産の譲渡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2級(AFP)実技201905問32 | トップページ | 著しく低い価額の対価での財産の譲渡 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ