2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 貸家建付地の価額 | トップページ | 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 »

3級(協会)実技201901問5

問5: 預金保険制度によって保護される金額
 
正解: 2
 
預金保険制度で保護される一般預金等の範囲は、1金融機関につき預金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息等とされている。なお、< 資料 > の外貨預金、株式投資信託、個人向け国債については、預金保険制度による保護の対象外である。
 
 
1. 誤り。福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,000万円(< 普通預金: 700万円 + 定期預金: 350万円)である。
 
2. 正しい。1 のとおり。
 
3. 誤り。杉田さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は480万円(= 普通預金: 180万円 + 定期預金: 300万円)である。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 貸家建付地の価額 | トップページ | 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3級(協会)実技201901問5:

« 貸家建付地の価額 | トップページ | 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ