2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 | トップページ | 失業等給付 »

2級学科201901問題4

問題4: 雇用保険
 
正解: 3
 
1. 適切。適用事業所に雇用される労働者のうち、1週間の所定労働時間が 20時間以上であり、かつ、継続して 31日以上の雇用見込みがある者は、原則として被保険者となる(雇用保険法第6条)。
 
2. 適切。基本手当を受給するためには、原則として、離職の日以前 2年間に雇用保険の一般被保険者であった期間が通算して 12ヵ月以上あること等の要件を満たす必要がある(雇用保険法第13条第1項)。
 
3. 不適切。基本手当日額の算定に用いる賃金日額とは、被保険者期間として計算された最後の6ヵ月間に支払われた賃金の総額(臨時に支払われた賃金および賞与等を除く)を 180で除して得た額である(雇用保険法第17条第1項)。
 
4. 適切。基本手当の受給期間中に、妊娠、出産、育児等の理由で引き続き 30日以上職業に就くことができない者は、所定の申出により受給期間を延長することができるが、受給期間は最長4年間が限度となる(雇用保険法第20条第1項)。
 
 
資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座
 
 

« 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 | トップページ | 失業等給付 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201901問題4:

« 預金者が個人事業主である場合に預金保険制度によって保護される金額の上限額 | トップページ | 失業等給付 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ