2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 建築基準法に定める道路およびそれに接する建築物の敷地 | トップページ | 道路対面側に後退できない場合の延べ面積の限度 »

2級学科201901問題46

問題46: 建物の延べ面積の限度
 
正解: 3
 
前面道路の幅員が 12m未満のときは、指定容積率と前面道路の幅員に法定乗数を乗じた率を比較し、いずれか少ない方の率が適用される(建築基準法第52条第2項第1号)。
 
指定容積率: 10/10 = 100%
前面道路の幅員に法定乗数を乗じた率: 16/10
= 前面道路の幅員: (3m + セットバック部分: 1m※) × 法定乗数: 4/10
 
10/10 < 16/10
 
∴ 容積率: 10/10
 
敷地面積(セットバック後): 200平米 = (11 - 1)m × 20m
 
延べ面積の限度: 200平米 = 200平米 × 10/10
 
よって、正解は 3 となる。
 
 
※当該道がその中心線からの水平距離2m未満でがけ地、川、線路敷地その他これらに類するものに沿う場合においては、当該がけ地等の道の側の境界線及びその境界線から道の側に水平距離4mの線をその道路の境界線とみなす(建築基準法第42条第2項ただし書)。
 
 
資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座
 
 

« 建築基準法に定める道路およびそれに接する建築物の敷地 | トップページ | 道路対面側に後退できない場合の延べ面積の限度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201901問題46:

« 建築基準法に定める道路およびそれに接する建築物の敷地 | トップページ | 道路対面側に後退できない場合の延べ面積の限度 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ