2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科201805問題48 | トップページ | 2級学科201805問題50 »

2級学科201805問題49

問題49: 土地の有効活用の手法の一般的な特徴


正解: 4


1. 不適切。(ア) の空欄には「本人」があてはまる。事業受託方式とは、土地所有者が建設資金を負担し、不動産開発業者等が事業に必要な調査・企画・設計・施工・完成後の管理・運営業務等を総合的に受託する事業方式である。

2. 不適切。(イ) の空欄には「本人」があてはまる。建設協力金方式とは、土地所有者が建設する建物を借り受ける予定のテナント等から貸与された保証金や建設協力金を建設資金の全部または一部に充当してビルや店舗等を建設する事業方式である。

3. 不適切。(ウ) の空欄には「本人」があてはまる。定期借地権方式とは、土地所有者がその所有権を移転させることなく、契約の更新なく当初に取り決めた一定期間に限り、土地を貸し付けることで、比較的安定した収入を確保することができる事業方式である。

4. 適切。(エ) の空欄には「なし」があてはまる。


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座
<< 問題48 | 2級学科の出題傾向(201805) | 問題50 >>


関連問題:
所有する土地を有効活用する場合の手法等


« 2級学科201805問題48 | トップページ | 2級学科201805問題50 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201805問題49:

« 2級学科201805問題48 | トップページ | 2級学科201805問題50 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ