2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 任意継続被保険者となるための申出 | トップページ | 1級実技2015問12 »

1級実技2016問15

問15: 建物の建築面積の最高限度


正解: 148


設例においては、前面道路の幅員が 4m以上であるのでセットバックを要せず、また、、記載のない事項については考慮しないものとしているので、各地域の面積に都市計画により定められた建ぺい率を乗じて合計したものが建築面積の最高限度となる。

建築面積の最高限度: 148平米
= 140平米 × 近隣商業地域: 8/10 + 60平米 × 準住居地域: 6/10


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集
資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座
<< 問14 | 1級実技の出題傾向(2016) |


関連問題:
建築物が異なる地域にわたる場合の建築面積の最高限度


« 任意継続被保険者となるための申出 | トップページ | 1級実技2015問12 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技2016問15:

« 任意継続被保険者となるための申出 | トップページ | 1級実技2015問12 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ