2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 1級実技2017問20 | トップページ | 2級(AFP)実技201709問21 »

2級学科201709問題21

問題21: 為替相場の変動要因


正解: 3


1. 不適切。米国の金利が上昇し日本との金利差の拡大が予想されるとき、一般に、円安傾向となる。

2. 不適切。米国の景気が日本と比較して相対的に後退局面となることが予想されるとき、一般に、円高傾向となる。

3. 適切。日本の経常収支が米国と比較して相対的に悪化することが予想されるとき、一般に、円安傾向となる。

4. 不適切。日本の物価が米国と比較して相対的に上昇し、過度なインフレが予想されるとき、一般に、円安傾向となる。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題20 | 2級学科の出題傾向(201709) | 問題22 >>


関連問題:
為替相場の一般的な変動要因


« 1級実技2017問20 | トップページ | 2級(AFP)実技201709問21 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201709問題21:

« 1級実技2017問20 | トップページ | 2級(AFP)実技201709問21 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ