2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 2級学科201501問題52 | トップページ | 2級学科201501問題57 »

2級学科201501問題56

問題56: 公正証書遺言


正解: 2


1. 不適切。遺言者は、遺言の作成時において遺言者が所有するすべての財産について受遺者を指定する必要はない。

2. 適切。遺言者の推定相続人だけでなく、その推定相続人の配偶者および直系血族も、公正証書遺言の作成時の証人となることができない(民法第974条第1項第2号)。

3. 不適切。遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部または一部を撤回することができる(民法第1022条)。

4. 不適切。公正証書による遺言については、検認の請求は不要である(民法第1004条第2項)。


資格の大原 資格の大原 行政書士講座
<< 問題55 | 2級学科の出題傾向(201501) | 問題57 >>


関連問題:
公正証書遺言


« 2級学科201501問題52 | トップページ | 2級学科201501問題57 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201501問題56:

« 2級学科201501問題52 | トップページ | 2級学科201501問題57 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ