2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 火災保険の一般的な商品性 | トップページ | 1級実技2015問2 »

2級学科201505問題18

問題18: 損害保険の課税関係


正解: 4


1. 適切。業務中のケガに備え、個人事業主が家族等ではない従業員を被保険者として契約した普通傷害保険の保険料は、所得の金額の計算上、必要経費に算入することができる。

2. 適切。契約者が保険期間10年の積立火災保険の満期時に受け取る満期返戻金は、一時所得として所得税の課税対象となる(所得税法第34条)。

3. 適切。契約者が年金として受け取る年金払積立傷害保険の給付金は、雑所得として所得税の課税対象となる(所得税法第35条)。

4. 不適切。契約者の配偶者が不慮の事故で死亡したことにより、契約者が受け取る家族傷害保険の死亡保険金は、一時所得として所得税の課税対象となる(所得税法第34条)。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題17 | 2級学科の出題傾向(201505) | 問題19 >>


関連問題:
損害保険契約に係る課税関係


« 火災保険の一般的な商品性 | トップページ | 1級実技2015問2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201505問題18:

« 火災保険の一般的な商品性 | トップページ | 1級実技2015問2 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ