2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 2級(AFP)実技201505問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201409問3 »

1級実技201309問5

問5: 生命保険の保障内容
 
正解:
(ア) 2,500
(イ) 846
(ウ) 50,000
 
・大輔さんが平成25年9月に三大疾病以外の病気により死亡した場合、支払われる死亡保険金の合計額は 2,500万円である。
 
終身保険: 100万円
定期保険特約: 1,600万円
三大疾病保障保険特約: 800万円(注1)
合計: 2,500万円
 
(注1) 三大疾病保障保険(特約)においては、一般に、(それ以前に「三大疾病保険金」が支払われていない場合、) 三大疾病以外の原因で死亡・高度障害状態になった場合でも、死亡保険金 (高度障害保険金) が支払われる。
 
よって、(ア) は 2,500。
 
・大輔さんが平成25年9月に胃ガン(悪性新生物)により30日間継続入院し、給付倍率40倍の手術(1回)を受けた場合、支払われる保険金・給付金の合計額は 846万円である。
 
三大疾病保障保険特約: 800万円(注2)
疾病入院特約(本人型): 13万円 = 5,000円 × (30日 - 4日(注3))
生活習慣病入院特約: 13万円 = 5,000円 × (30日 - 4日(注3))
手術給付金: 20万円 = 5,000円 × 40倍
合計: 336万円
 
(注2)「三大疾病保険金」が、ガンと初めて診断されたときに支払われる。
(注3) いずれも、入院 5日目から支給される特約である。
 
よって、(イ) は 846。
 
・大輔さんが平成25年9月に不慮の事故により骨折し、手術も入院もせず、事故の日から180日以内に15日間通院した場合、支払われる給付金の合計額は 50,000円である。
 
特定損傷特約: 50,000円
合計: 50,000円
 
よって、(ウ) は 50,000。
 
 
※1級実技での生命保険証券の読み取り問題の出題は、これで 3回目。(ア) と (イ) は 、ともに三大疾病特約の商品性の理解がカギとなるもので、2級実技では定番ネタ。今回、目新しいのは、(ウ) でしょうか。通院特約は、同一事由での入院給付があったときに給付される特約、したがって、このケースでは特定損傷特約のみが対象となるわけです。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 2級(AFP)実技201505問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201409問3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技201309問5:

« 2級(AFP)実技201505問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201409問3 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ