2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科201505問題1 | トップページ | セットバックを要する場合の建築面積の限度 »

2級(AFP)実技201505問2

問2: ファイナンシャル・プランニング・プロセスの順序


正解: オ


ファイナンシャル・プランニング・プロセスのステップ順序は、下記のとおり。

ステップ1 / 顧客との関係確立とその明確化
ステップ2 / 顧客データの収集と目標の明確化
ステップ3 / 顧客のファイナンス状態の分析と評価
ステップ4 / プランの検討・作成と提示
ステップ5 / プランの実行援助
ステップ6 / プランの定期的見直し


設例の (ア) ~ (カ) の行為は、それぞれ、上記のどのステップにあたるのかを考えてみる。

(ア) 面談やヒアリングシートから、顧客や家族の情報、財政的な情報を確認する。
これは、「ステップ2 / 顧客データの収集と目標の明確化」にあたると考えられる。

(イ) 顧客が実際に行う不動産の売却や金融商品購入等の実行支援を行う。
これは、「ステップ5 / プランの実行援助」にあたると考えられる。

(ウ) ファイナンシャル・プランニングで行うサービス内容、費用等について説明を行う。
これは、「ステップ1 / 顧客との関係確立とその明確化」にあたると考えられる。

(エ) キャッシュフロー表などを作成して、顧客の財政状況の予測等を行う。
これは、「ステップ3 / 顧客のファイナンス状態の分析と評価」にあたると考えられる。

(オ) 顧客の目標を達成するためのプランを検討し、顧客への提案を行う。
これは、「ステップ4 / プランの検討・作成と提示」にあたると考えられる。

(カ) 顧客の家族構成などの環境の変化等に応じて、定期的にプランの見直しを行う。
これは、「ステップ6 / プランの定期的見直し」にあたると考えられる。


(ア) ~ (カ) を作業順に並べ替えると、以下のとおりとなる。
(ウ) → (ア) → (エ) → (オ) → (イ) → (カ)


よって、(ア) ~ (カ) を作業順に並べ替えたとき、その中で 4番目(ステップ4)となるものとして、最も適切なものは (オ) と考えられる。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問1 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201505) | 問3 >>


関連問題:
ファイナンシャル・プランニング・プロセスのステップ順序


« 2級学科201505問題1 | トップページ | セットバックを要する場合の建築面積の限度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級(AFP)実技201505問2:

« 2級学科201505問題1 | トップページ | セットバックを要する場合の建築面積の限度 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ