2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科201405問題60 | トップページ | 死亡保険金の非課税金額 »

2級(AFP)実技201405問1

問1: 「顧客データの収集と目標の明確化」において、収集する顧客のデータ


正解:
(ア) ◯
(イ) ◯
(ウ) ×
(エ) ×


収集する顧客データとしては、定量的情報 (顧客の収入、支出、資産などの情報) と定性的情報 (顧客の価値観、希望や不安などの情報) がある。

(ア) 適切。「現在の預金残高」は、定量的情報に該当する情報である。

(イ) 適切。「お金に対する価値観」は、定性的情報に該当する情報である。


情報収集の方法としては、質問紙方式と面談方式があるが、質問紙方式による場合は定量的情報が、また面談方式による場合は定性的情報の収集が適しているといえる。

(ウ) 不適切。定性的情報の収集である「顧客の性格の把握」は、質問紙方式より面談方式での情報収集が適している項目である。

(エ) 不適切。定量的情報である「加入している保険の種類」は、面談方式より質問紙方式での情報収集が適している項目である。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問40 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201405) | 問2 >>


関連問題:
「顧客データの収集と目標の明確化」において収集する顧客のデータ


« 2級学科201405問題60 | トップページ | 死亡保険金の非課税金額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級(AFP)実技201405問1:

« 2級学科201405問題60 | トップページ | 死亡保険金の非課税金額 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ