2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 2級学科201401問題21 | トップページ | 2級学科201401問題23 »

2級学科201401問題22

問題22: 投資信託の仕組みと特徴


正解: 3


1. 適切。追加型投資信託は、当初設定後も追加設定が可能な投資信託である。

2. 適切。ファンド・オブ・ファンズは、投資対象や運用スタイル等の異なる複数の投資信託に分散投資する形態の投資信託であり、個別の株式は組み入れられていない。

3. 不適切。ブル型ファンドは、ベンチマークとする市場指数の変動と同じ動きとなることを目指して運用するタイプの投資信託である(ベンチマークとする市場指数の変動とは逆の動きとなることを目指して運用するタイプの投資信託とは、ベア型ファンドのことである)。

4. 適切。上場されている不動産投資信託(J-REIT)は、上場株式の売買と同様、指値注文・成行注文がいずれも可能である。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題21 | 2級学科の出題傾向(201401) | 問題23 >>


関連問題:
投資信託の商品性


« 2級学科201401問題21 | トップページ | 2級学科201401問題23 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201401問題22:

« 2級学科201401問題21 | トップページ | 2級学科201401問題23 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ