2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級(AFP)実技201301問12 | トップページ | 3級学科201301問55 »

2級学科201301問題9

問題9: フラット35と財形住宅融資


正解: 4


1. 適切。フラット35の融資限度額は、8,000万円を上限に、利用者の年収および取得住宅の建築費等により決定される。

2. 適切。フラット35の借入金利の利率は、一律ではなく、取扱金融機関等がそれぞれ独自に決定する。

3. 適切。財形住宅融資は、財形貯蓄の積立期間が 1年に満たない場合、利用することができない。

4. 不適切。住宅ローンを新規に借り入れるときに、住宅金融支援機構が直接融資を行う財形住宅融資を利用する場合、フラット35と併用して利用することができる。


資格の大原 資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座
<< 問題8 | 2級学科の出題傾向(201301) | 問題10 >>


関連問題:
住宅ローンの一般的な特徴


« 2級(AFP)実技201301問12 | トップページ | 3級学科201301問55 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201301問題9:

« 2級(AFP)実技201301問12 | トップページ | 3級学科201301問55 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ