2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 1級実技201209問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201209問14 »

2級学科201209問題57

問題57: 宅地および宅地の上に存する権利の相続税評価


正解: 2


1. 適切。宅地とその上に建つ貸家が同一人の所有であり、借家人の立退きによりその貸家が空き家となっている場合、原則として、その宅地は自用地としての価額で評価する。

2. 不適切。宅地の借地権者が権利金に代えて相当の地代を支払っている場合における借地権の価額はゼロである。

3. 適切。宅地を使用貸借契約で借りている場合において、借主の有する宅地の使用権の価額は、ゼロである。

4. 適切。宅地を借りるに当たって、所轄税務署長に「土地の無償返還に関する届出書」を提出して、その宅地上に建物を建築している場合においては、借主の有する借地権の価額はゼロである。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題56 | 2級学科の出題傾向(201209) | 問題58 >>


関連問題:
宅地および宅地の上に存する権利の相続税評価



« 1級実技201209問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201209問14 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201209問題57:

« 1級実技201209問6 | トップページ | 2級(AFP)実技201209問14 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ