2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 2級(AFP)実技201201問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201201問36 »

2級(AFP)実技201201問37

問37: 死亡退職金および弔慰金の相続税法上の取扱い
 
正解:
(ア) 4
(イ) 1
 
相続人が受け取った死亡退職金は、みなし相続財産として相続税の課税対象となるが、その受取額については、「500万円 × 法定相続人の数」の非課税限度額が設けられている。
 
死亡退職金: 2,400万円
 
非課税金額: 2,000万円
= 500万円 × 法定相続人の数(4人: 妻・長女・長男・二女)
課税価格: 400万円
= 死亡退職金: 2,400万円 - 非課税金額: 2,000万円
 
相続人が受け取った弔慰金については、被相続人の死亡の原因が業務上の場合、その被相続人の普通給与 (賞与を除く) の3年分、業務上以外の場合、その被相続人の普通給与 (賞与を除く) の6ヵ月分に相当する金額までが相続税において非課税となる。
 
弔慰金: 500万円
 
非課税金額(業務上の死亡の場合): 2,700万円
= 被相続人の死亡時の賞与以外の普通給与: 75万円 × 36ヵ月(3年)分
弔慰金: 500万円 < 非課税金額: 2,700万円
∴課税価格: 0万円
 
「昌樹さんの死亡直前の月額給与(賞与以外の普通給与)の額から判断すると、受け取られた死亡退職金のうち、相続税の課税対象となる金額は400万円です。また、弔慰金のうち、相続税の課税対象となる金額はありません(ゼロです)。」
 
よって、(ア) は 4. 400万円です、(イ) は 1. ありません(ゼロです)。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 2級(AFP)実技201201問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201201問36 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級(AFP)実技201201問37:

« 2級(AFP)実技201201問34 | トップページ | 2級(AFP)実技201201問36 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ