2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 教育資金 | トップページ | DCF法を用いた不動産への投資判断 »

1級学科201001問25

問25: 退職金等の受給についての所得税の取扱い


正解: 1


1) 不適切。いわゆる定年に達した後,引き続き勤務する使用人に対して,その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当として一時に支払われるものは,退職所得となる。

2) 適切。いわゆる定年に達した後,引き続き勤務する使用人に対して,その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当の金額で年金として支払われるものは,雑所得となる。

3) 適切。過去の勤務に基づき使用者であった者から支給される年金に代えて支払われる一時金については,退職の日以後年金の受給開始日前に支払われるものは,退職所得となる。

4) 適切。過去の勤務に基づき使用者であった者から支給される年金に代えて,年金の受給開始日後に支払われる一時金で,将来の年金の総額に代えて支払われるものは,退職所得とすることができる。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問24 | 1級学科の出題傾向(201001) |


関連問題:
退職金に対する課税


« 教育資金 | トップページ | DCF法を用いた不動産への投資判断 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級学科201001問25:

« 教育資金 | トップページ | DCF法を用いた不動産への投資判断 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ