2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 路線価方式による普通借地権の評価額 | トップページ | 路線価方式による貸家建付地としての評価額 »

2級学科201109問題49

問題49: 特定の居住用財産の買換え特例
 
正解: 1
 
1. 不適切。譲渡した日の属する年の1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産を譲渡した場合は、本特例の適用を受けることができる。
 
2. 適切。居住用財産を譲渡した年に買換資産を取得し、譲渡をした年の翌年末までに居住の用に供する見込みである場合は、本特例の適用を受けることができる。
 
3. 適切。譲渡資産の譲渡収入金額が、買換資産の取得価額以下であるときは、その譲渡はなかったものとみなされ、課税の繰延べがなされる。
 
4. 適切。譲渡した年の前年または前々年に、居住用財産の譲渡所得の3,000万円の特別控除の適用を受けている場合は、本特例の適用は受けることができない。
 
 
資格の大原 資格の大原 公認会計士講座
 
 

« 路線価方式による普通借地権の評価額 | トップページ | 路線価方式による貸家建付地としての評価額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201109問題49:

« 路線価方式による普通借地権の評価額 | トップページ | 路線価方式による貸家建付地としての評価額 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ