2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 地震保険 | トップページ | 住宅火災保険と住宅総合保険の補償内容の相違 »

1級実技201009問20

問20: 健康保険料率の引上げによる本人負担分の増加額
 
正解: 43,500
 
<資料: 保険料額表> より、
 
千葉さんは、月給: 380,000円なので、標準報酬月額: 380,000円となる。(26等級)
また、介護保険第2号被保険者なので、保険料率は以下のとおりとなる。
 
引き上げ前の保険料率: 9.37%
引き上げ後の保険料率: 10.82%
 
本人負担分の年間増加額の計算:
 
料率の差: 1.45% = 10.82% - 9.37%
 
月給の増加額:
380,000円 × 1.45% / 2 × 12ヵ月分= 33,060円
 
賞与の増加額:
720,000円 × 1.45% / 2 × 2回分 = 10,440円
 
月給・賞与を合算した年間の増加額:
33,060円 + 10,440円 = 43,500円
 
 
※このような保険料額を計算させる問題は、200809問20 以来となります。余談ですが、<資料>が提示されるこの種の問題は、その資料自体が意外とくせものだったりします。本問のように、読み取るべき本当に必要な情報はごくわずかであったり、本題とはほとんど関わりのないもの 200909問9 であったりします。実際は単純な問題であるにも関わらず、ついついよけいな情報に気を取られ、混乱させられてしまうのですね。
 
 
資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座
 
 

« 地震保険 | トップページ | 住宅火災保険と住宅総合保険の補償内容の相違 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技201009問20:

« 地震保険 | トップページ | 住宅火災保険と住宅総合保険の補償内容の相違 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ