2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google PageRank

  • Free PageRank Checker ムームードメイン

最近のトラックバック

Link

« 金融商品の販売等に関する法律 | トップページ | 特定の土地等の長期譲渡所得の特別控除および土地等の先行取得をした場合の譲渡所得の課税の特例 »

1級学科201009問49

問49: 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税


正解: 1


タックスアンサー (No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税) より


1) 適切。平成22年のAさんの合計所得金額が20,000千円以下である場合,本特例の適用を受けることができる。

2) 不適切。AさんがAさんの父親から住宅取得資金15,000千円の贈与を受け,本特例の適用を受けた場合,贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に,非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に計算明細書,戸籍の謄本,住民票の写し,登記事項証明書,新築や取得の契約書の写しなど一定の書類を添付して,納税地の所轄税務署に提出する必要がある。

3) 不適切。Aさんは,取得するマンションの床面積の広さが50平方メートル以上である場合,本特例の適用を受けることができる。

4) 不適切。本特例の適用を受ける場合,贈与を受けた時に日本国内に住所を有することが要件の一つとなっている。ただし,贈与を受けた時に日本国内に住所を有しないものであっても,日本国籍を有し,かつ,受贈者又は贈与者がその贈与前5年以内に日本国内に住所を有したことがあれば要件を満たすことができる。また,その他本特例の適用の要件には,過去に自己の所有する住宅用の家屋に居住したか否かを問うものもない。したがって,Aさんが,過去5年以内に自分の所有する住宅用の家屋に居住したことがある場合に,本特例の適用を受けられなくなるということはない。


| 1級学科の出題傾向(201009) | 問50 >>


関連問題:
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税


AFP 263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ! 資格の大原
ファイナンシャル・プランナー養成講座の特徴と選び方


« 金融商品の販売等に関する法律 | トップページ | 特定の土地等の長期譲渡所得の特別控除および土地等の先行取得をした場合の譲渡所得の課税の特例 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516002/38136268

この記事へのトラックバック一覧です: 1級学科201009問49:

« 金融商品の販売等に関する法律 | トップページ | 特定の土地等の長期譲渡所得の特別控除および土地等の先行取得をした場合の譲渡所得の課税の特例 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    ニッセン
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!
    ユーブック
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    BLISTER - ブリスター: World Characters Store
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • メルマガ購読・解除
     

  • Honya Club.com
    • SEO診断

無料ブログはココログ