2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科201009問題16 | トップページ | 2級学科201009問題28 »

2級学科201009問題11

問題11: 損害保険契約者保護機構による補償


正解: 4


損害保険契約者保護機構 (Q1:万一、損害保険会社が破綻したら、現在加入している保険はどうなるのですか?) より


1. 不適切。自動車保険契約は、保険契約者を問わず補償の対象となる。

2. 不適切。契約者が個人である火災保険契約の保険金支払いに係る補償割合は、保険会社の破綻後3ヵ月間については、100%、3ヵ月経過後は80%である。

3. 不適切。年金払積立傷害保険契約の保険金支払いに係る補償割合は、90%である。

4. 適切。自動車損害賠償責任保険契約の保険金支払いに係る補償割合は、100%である。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題10 | 2級学科の出題傾向(201009) | 問題12 >>


関連問題:
保険契約者保護機構の概要


« 2級学科201009問題16 | トップページ | 2級学科201009問題28 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201009問題11:

« 2級学科201009問題16 | トップページ | 2級学科201009問題28 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ