2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 遺言と遺留分 | トップページ | 課税長期譲渡所得金額 »

2級(AFP)実技201001問2

問2: 消費者契約法


正解: 3


1. 適切。金融商品販売業者等が、重要事項について事実と異なることを告げ、それにより顧客が商品を購入して損害を被った場合、顧客はその契約を取り消すことができる。

2. 適切。金融商品販売業者等の居座りなどにより、消費者が困惑した状態で契約した場合、顧客はその契約を取り消すことができる。

3. 不適切。金融商品販売業者等から事実と異なることを告げられ締結した契約について、顧客に損害が生じた場合には、顧客はその契約を取り消すことができる。

4. 適切。契約の取消権は、契約締結時から5年を経過したときは、時効によって消滅する。(消費者契約法第7条)


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問1 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201001) | 問3 >>


関連問題:
消費者契約法


« 遺言と遺留分 | トップページ | 課税長期譲渡所得金額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級(AFP)実技201001問2:

« 遺言と遺留分 | トップページ | 課税長期譲渡所得金額 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ