2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 投資信託 | トップページ | 相続税の課税価格の合計額と遺産に係る基礎控除額 »

2級学科201001問題57

問題57: 相続税における宅地の評価


正解: 2


1. 適切。宅地の価額は、その宅地が登記上は二筆に分筆された土地であっても、これを一体として利用している場合は、その全体を一画地として評価する。

2. 不適切。宅地の評価方法としては、市街地においては路線価方式が、郊外地や農村部においては倍率方式が適用される。したがって、路線価方式と倍率方式のうち、どちらの方式を採用するかについて、納税者が任意に選択することはできない。

3. 適切。路線価方式とは、宅地の面する路線ごとに定められた路線価を基礎として評価額を求める方法である。

4. 適切。倍率方式とは、その宅地の固定資産税評価額に国税局長が定めた一定の倍率を乗じて計算した金額により評価する方法である。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題56 | 2級学科の出題傾向(201001) | 問題58 >>


関連問題:
相続税における宅地の評価および路線価


« 投資信託 | トップページ | 相続税の課税価格の合計額と遺産に係る基礎控除額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201001問題57:

« 投資信託 | トップページ | 相続税の課税価格の合計額と遺産に係る基礎控除額 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ