2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 都市計画法 | トップページ | 建築基準法 »

2級学科201001問題49

問題49: 不動産所得


正解: 1


1. 適切。敷金または保証金の名目で収受した金銭のうち、賃借人への返還を要しない部分の金額は、返還を要しないことが確定した日の属する年の不動産所得の金額の計算上、総収入金額に計上する。

2. 不適切。不動産を賃貸することにより生じた所得に係る所得税および住民税は、不動産所得の必要経費に算入することはできない。

3. 不適切。個人が初めて不動産所得を生ずべき不動産の賃貸を開始した場合、その不動産の取得のための借入金に係る利子で業務開始前の期間に対応する部分の金額は、不動産所得の取得費に算入することができる。

4. 不適切。(平成10年4月以降に)個人が新たに賃貸用アパートを建築した場合には、当該建物の減価償却の方法として、定額法を選択しなければならない。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題48 | 2級学科の出題傾向(201001) | 問題50 >>


関連問題:
不動産所得


« 都市計画法 | トップページ | 建築基準法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201001問題49:

« 都市計画法 | トップページ | 建築基準法 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ