2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 民法上の相続人および法定相続分 | トップページ | 登記記録 »

2級学科201001問題37

問題37: 個人住民税


正解: 2


1. 適切。平成22年度分の個人住民税の納付先は、平成22年1月2日以降の住所地にかかわらず、原則として、平成22年1月1日に住所地であった市町村(特別区)および道府県(都)となる。

2. 不適切。個人住民税における基礎控除(33万円)および配偶者控除(33万円)は、所得税における基礎控除(38万円)および配偶者控除(38万円)よりも、控除額が小さい。

3. 適切。個人住民税の所得割の標準税率は、納税者の所得の金額にかかわらず、道府県(都)民税が4%、市町村(特別区)民税が6%である。

4. 適切。平成21年に入居し、所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けた者が、その年分の所得税額から控除しきれない残額がある場合、翌年度分の個人住民税からその残額のうち一定額を限度として控除する。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題36 | 2級学科の出題傾向(201001) | 問題38 >>


関連問題:
個人住民税


« 民法上の相続人および法定相続分 | トップページ | 登記記録 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201001問題37:

« 民法上の相続人および法定相続分 | トップページ | 登記記録 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ