2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科201001問題11 | トップページ | 2級学科201001問題25 »

2級学科201001問題27

問題27: オプション取引


正解: 2


1. 適切。オプション取引には、店頭(相対)取引と、上場しているオプションを取引所で売買する取引所取引がある。

2. 不適切。オプション取引を権利行使のタイミングによって分類した場合に、取引開始日から取引最終日までいつでも権利行使可能なタイプのことをアメリカンタイプという。これに対し、満期日に限り権利行使可能なタイプのことをヨーロピアンタイプという。

3. 適切。コール・オプションでは、オプションの買い手は支払ったオプション・プレミアム以上の損失を負うことはないが、オプションの売り手は、理論上は無限の損失を負う可能性がある。

4. 適切。原資産のボラティリティの上昇は、オプション・プレミアムの上昇要因となる。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題26 | 2級学科の出題傾向(201001) | 問題28 >>


関連問題:
オプション取引


« 2級学科201001問題11 | トップページ | 2級学科201001問題25 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科201001問題27:

« 2級学科201001問題11 | トップページ | 2級学科201001問題25 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ