2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google PageRank

  • Free PageRank Checker ムームードメイン

最近のトラックバック

Link

« 1級学科200901問48 | トップページ | 1級学科200901問16 »

1級学科200901問15

問15: 圧縮記帳をする場合の圧縮限度額


正解: 3


タックスアンサー(No.5608 保険金等で取得した固定資産等の圧縮記帳)より


「(1) 保険金等の支払を受けた場合

圧縮限度額 = 保険差益金の額 × 代替資産の取得又は改良に充てた保険金の額のうち分母の金額に達するまでの金額 / (保険金等の額 - 滅失又は損壊により支出する経費の額)

保険差益金の額 = 保険金等の額 - 滅失又は損壊により支出する経費の額 - 滅失又は損壊をした固定資産の被害直前の帳簿価額のうち被害部分に相当する金額」


設例の場合:

・焼失した建物(倉庫)の帳簿価額: 10,000千円
・倉庫の焼失により会社が支出した経費
 焼跡の片づけ費用: 2,500千円
 けが人への見舞金※: 500千円
・火災保険からの受取保険金: 35,000千円
・新築した代替建物(倉庫)の取得価額: 39,000千円

※「けが人への見舞金」は、滅失又は損壊により直接関連して支出される経費ではないことに留意する。


保険差益金の額: 22,500千円 = 35,000千円 - 2,500千円 - 10,000千円

圧縮限度額: 22,500千円 = 22,500千円 × 32,500千円※ / (35,000千円 - 2,500千円)


※32,500千円 = (35,000千円 - 2,500千円)


よって、正解は 3 となる。


<< 問14 | 1級学科の出題傾向(200901) | 問16 >>


関連問題:
圧縮記帳


FP 資格の大原

« 1級学科200901問48 | トップページ | 1級学科200901問16 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516002/33183886

この記事へのトラックバック一覧です: 1級学科200901問15:

« 1級学科200901問48 | トップページ | 1級学科200901問16 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    ニッセン
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!
    ユーブック
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    BLISTER - ブリスター: World Characters Store
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • メルマガ購読・解除
     

  • Honya Club.com
    • SEO診断

無料ブログはココログ