2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科200905問題45 | トップページ | 2級学科200905問題42 »

2級学科200801問題42

問題42: 宅地や建物の売買契約における留意点


正解: 1


1. 不適切。買主は、売主が契約の履行に着手した後は、たとえ自らが契約の履行に着手していなくとも、手付を放棄して売買契約を解除することはできない。(民法第557条第1項)

2. 適切。宅地建物取引業者が自ら売主となる場合で買主が宅地建物取引業者でない場合、売主は、売買代金の額の2割を超える手付金を受領することはできない。(宅地建物取引業法第39条1項)

3. 適切。民法では、売買契約の目的物に隠れた瑕疵があった場合、その瑕疵について売主に過失がない場合であっても、売主は買主に対して瑕疵担保責任を負わなければならない。(民法第570条)

4. 適切。民法では、買主が売買契約の目的物の隠れた瑕疵を知った時から 1年を超えた場合、買主は売主に対して瑕疵担保責任に基づく売買契約の解除または損害賠償の請求をすることができない。(民法第570条)


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座
<< 問題41 | 2級学科の出題傾向(200801) | 問題43 >>


関連問題:
不動産の売買契約における留意点


« 2級学科200905問題45 | トップページ | 2級学科200905問題42 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科200801問題42:

« 2級学科200905問題45 | トップページ | 2級学科200905問題42 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ