2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 1級実技200909問8 | トップページ | 2級学科200905問題44 »

1級実技200909問14

問14: 法定後見制度
 
正解:
(ア) 2
(イ) 6
(ウ) 4
 
 
 
 
法定後見開始の申立権者は、本人、配偶者、「四親等」内の親族、検察官等...である。
 
よって、(ア) は 2。
 
後見人には、「日常生活」に関する行為以外の行為について同意権・取消権が付与される。
 
よって、(イ) は 6。
 
保佐人が本人の代理権を行使するためには、本人の同意が「必要」である。
 
よって、(ウ) は 4。
 
 
※解説に示した PDF が本問のそもそものネタ元と考えられます。お気づきの方もおられるかもしれませんが...このPDFにおいては、保佐人の同意権・取消権の付与の対象が「民法12条1項各号所定の行為」となっていますが、その後の民法の改正により、現在では、「民法13条1項各号所定の行為」となっていますので、ご注意ください。
 
 
資格の大原 資格の大原 行政書士講座
 
 

« 1級実技200909問8 | トップページ | 2級学科200905問題44 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技200909問14:

« 1級実技200909問8 | トップページ | 2級学科200905問題44 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ