2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google PageRank

  • Free PageRank Checker ムームードメイン

最近のトラックバック

Link

« 1級実技2009問10 | トップページ | 2級学科200909問題16 »

2級学科200909問題49

問題49: 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例


正解: 4


タックスアンサー(No.3302 マイホームを売ったときの特例)より

「マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。」

1. 不適切。譲渡した年の1月1日において所有期間が5年以下の居住用財産を譲渡した場合でも、本特例の適用を受けることはできる。


「2 特例を受けるための適用要件

~略~

(2) 売った年の前年及び前々年にこの特例又はマイホームの買換えやマイホームの交換の特例若しくは、マイホームの譲渡損失についての損益通算及び繰越控除の特例の適用を受けていないこと。

~略~

(6) 売手と買手の関係が、親子や夫婦など特別な間柄でないこと。
 特別な間柄には、このほか生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある法人なども含まれます。」

3. 不適切。本特例の適用を受けた翌年に、他の居住用財産を譲渡した場合は、その譲渡について本特例の適用を受けることができない。

2. 不適切。居住用財産を配偶者に譲渡した場合は、本特例の適用を受けることができない。


タックスアンサー (No.3305 マイホームを売ったときの軽減税率の特例) より

「自分が住んでいたマイホーム(居住用財産)を売って、一定の要件に当てはまるときは、長期譲渡所得の税額を通常の場合よりも低い税率で計算する軽減税率の特例を受けることができます。

~略~

(4) 売った家屋や敷地についてマイホームの買換えや交換の特例など他の特例を受けていないこと。ただし、マイホームを売ったときの3,000万円の特別控除の特例と軽減税率の特例は、重ねて受けることができます。」

4. 適切。本特例と「居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例」は、重複して適用を受けることができる。


<< 問題48 | 2級学科の出題傾向(200909) | 問題50 >>


関連問題:
居住用財産の3,000万円特別控除の特例


AFP 263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ! 資格の大原

« 1級実技2009問10 | トップページ | 2級学科200909問題16 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516002/31966477

この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科200909問題49:

« 1級実技2009問10 | トップページ | 2級学科200909問題16 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    ニッセン
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!
    ユーブック
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    BLISTER - ブリスター: World Characters Store
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • メルマガ購読・解除
     

  • Honya Club.com
    • SEO診断

無料ブログはココログ