2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 1級実技200909問12 | トップページ | 1級実技200909問2 »

1級実技200909問4

問4: 個人向け国債変動10年の中途換金に関する流れの説明
 
正解:
(ア) 952
(イ) 2,520
(ウ) 498,432
 
中途換金する平成21年9月1日までの経過利子相当額: 952円
(経過日数を139日とする。円未満の端数切り捨て)
500,000円 × 0.5% × 139日/365日 = 952.05479円
 
よって、(ア) は 952。
 
中途換金の際に差し引かれる中途換金調整額: 2,520円
(500,000円 × 0.57% × 6/12ヵ月 + 500,000円 × 0.69% × 6/12ヵ月) × 0.8= 2,520円
 
よって、(イ) は 2,520。
 
中途換金による手取り額: 498,432円
500,000円 + 952円 - 2,520円 = 498,432円
 
よって、(ウ) は 498,432。
 
 
1級実技2007まとめ において、2008年度にも 200709問14 に類似する問題が、中途換金調整額の「直前2回分の利子(税引前)相当額 x 0.8」への変更にからめ、トラップ問題として出題されるのではないかと予想をしたところだったのですが...その予想は見事に外れ、今回2009年度の出題となってしまいました。
 
あとで、2008年度実技試験の表紙をみて気がついたことなんですが...「☆☆☆解答にあたっての注意事項☆☆☆」には、「・試験問題については、とくに指示のない限り、平成20年4月1日現在施行の法令等に基づいて解答してください。」とあるんですね。そうなのです。中途換金調整額が変更されるのは、H20年4月15日以降なので、変更前の2008年度ではなく、変更後の「平成21年4月1日現在施行の法令等に基づいて解答」すべき、2009年度試験で出題されると考えるべきだったのです。個人的には、してやられたという感じですね。
 
 
資格の大原 FP入門講座開講
 
 

« 1級実技200909問12 | トップページ | 1級実技200909問2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技200909問4:

« 1級実技200909問12 | トップページ | 1級実技200909問2 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ