2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科200901問題24 | トップページ | 2級学科200901問題31 »

2級学科200901問題11

問題11: 生命保険料の仕組み等


正解: 4


1. 適切。大数の法則とは、個々の場合には偶発的なことでも、繰返し大量に観察すると、ある一定の法則性を見いだすことができるという法則のことである。

2. 適切。収支相等の原則とは、契約者から払い込まれる保険料の総額と運用益の合計額が、保険会社の支払う保険金・給付金の総額と経費の合計額に等しくなるように保険料が算定されるという原則のことである。

3. 適切。責任準備金は、契約者から保険会社に払い込まれる保険料の一部を、将来の保険金・給付金などの支払い財源として積み立てておくものである。

4. 不適切。契約者から保険会社に払い込まれる保険料のうち、付加保険料は予定事業費率を基礎として算出される。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題10 | 2級学科の出題傾向(200901) | 問題12 >>


関連問題:
生命保険料等の仕組み


« 2級学科200901問題24 | トップページ | 2級学科200901問題31 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科200901問題11:

« 2級学科200901問題24 | トップページ | 2級学科200901問題31 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ