2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科200805問題6 | トップページ | 2級(AFP)実技200805問35 »

2級学科200805問題7

問題7: 老齢基礎年金の全部繰上げの裁定請求をする際の注意事項


正解: 2


1. 適切。昭和16年 4月 2日以降に生まれた者の場合、支給される年金額は、本来の老齢基礎年金の額から受給を希望した年齢に応じて月単位で減額され、その減額された額が一生続く。

2. 不適切。繰上げの裁定請求書が受理された後は、裁定請求の取消しや受給開始年齢の変更をすることはできない。

社会保険庁 (年金の給付について) 参照。

3. 適切。寡婦年金の受給権を有する者の繰上げの裁定請求書が受理されたときは、その寡婦年金の受給権は消滅する。

4. 適切。繰上げの裁定請求書が受理された後は、国民年金の任意加入被保険者となることはできない。


資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座
<< 問題6 | 2級学科の出題傾向(200805) | 問題8 >>


関連問題:
老齢基礎年金の繰上げ受給


« 2級学科200805問題6 | トップページ | 2級(AFP)実技200805問35 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いよいよ明日はFP2級試験です。
ここ数ヶ月勉強がんばりましたが、果たしてどうなることやら。
過去問の解説はここを見て参考にしました。
試験前日ですがお礼申し上げます。ありがとうございました。

ユーリル様

こちらこそ、ありがとうございます。
合格をお祈りしております。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科200805問題7:

« 2級学科200805問題6 | トップページ | 2級(AFP)実技200805問35 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ