2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 2級学科200809問題23 | トップページ | 2級学科200809問題39 »

2級学科200809問題21

問題21: 景気とマーケットの変動等についての一般的な関係


正解: 4


1. 適切。景気拡大期に設備投資意欲の高まりを背景とした企業の資金需要が拡大すると、金利水準は上昇傾向となる。

2. 適切。景気後退期に金融政策が金融引締めから緩和に転換すると、貸出金利は低下傾向に転じる。

3. 適切。景気が底を打ち企業業績の回復期待が高まると、株価は上昇局面へ向かう。

4. 不適切。景気後退期に企業の経済活動が停滞し個人の収入が増加せず消費需要が減退すると、物価が下落する。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問題20 | 2級学科の出題傾向(200809) | 問題22 >>


関連問題:
金融市場および財政・金融政策等


« 2級学科200809問題23 | トップページ | 2級学科200809問題39 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2級学科200809問題21:

« 2級学科200809問題23 | トップページ | 2級学科200809問題39 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ