2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 1級実技2008問8 | トップページ | 1級実技2008問5 »

1級実技2008問10

2008問10: 夫が死亡した当時、妊娠中であった妻に対する公的年金給付 (ライフ)


正解: 2


妻が遺族基礎年金の受給権を取得した当時胎児であった子が生まれたときは、その子は、被保険者または被保険者であった者の死亡の当時、その者によって生計を維持し、かつ、妻と生計を同じくした子とみなされる(国民年金法第37条の2第2項)。なお、妻に対する遺族基礎年金の額は、その子の生まれた日の属する月の翌月から改定され(同第39条第2項)、過去にさかのぼることはない。


社会保険庁 (胎児であった子が生まれたとき) 参照。


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集
資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座
<< 問9 | 1級実技の出題傾向(2008) | 問11 >>


関連問題:
遺族年金等のイメージ図


« 1級実技2008問8 | トップページ | 1級実技2008問5 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技2008問10:

» サルでもわかる年金の計算(1) [FP1級合格への道]
いつも計算ミスの不安感の中で、憂鬱になってしまう 年金の計算。ここらで、完璧に理 [続きを読む]

« 1級実技2008問8 | トップページ | 1級実技2008問5 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ