2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

« 1級実技2007問14 | トップページ | 1級実技2007問11 »

1級実技2007問13

2007問13:預貯金者保護法の被害例ごとの補償割合(金融)


正解:
(ア)100%
(イ)75%
(ウ)0%


預貯金者保護法では、偽造カードか盗難カードか、また、預貯金者の過失によって補償の割合が異なります。過失は、補償割合が高い順に「無過失:100%」、「軽過失:75%」、「重過失:0%」の3種類に分かれます。


ゴルフ場でカードをスキミングされた。
(過失なし)

スキミングとは、「スキマーと呼ばれる小さな箱状の読み取り機等を用いてキャッシュカードの磁気データを読み取ること」であり、偽造カード被害にあたります。この場合、無過失であるので、100%補償となります。


車上荒らしに遭い、カードを盗まれた。
(暗証番号は自動車のナンバーにしていた)

これは、盗難カード被害にあたります。「暗証番号を生年月日にしていて、生年月日がわかる書類と一緒に保管していた場合」は軽過失とされています。この類推より、「車上荒らし」で「暗証番号は自動車のナンバーにしていた」ことも同様に管理上の過失と考えられ、75%補償となります。


偽造カードが現金自動預払機(ATM)で使われた。
(暗証番号はカードに書き込んでいた)

「暗証番号をカードに書いていた場合」は重過失にあたり、0%補償となります。

以上、全国銀行協会(「預金者保護法」ってなに?)を参考としました。


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集
資格の大原 FP入門講座開講
<< 2007問12 | 1級実技の出題傾向 | 2007問14 >>


関連問題:
金融商品取引に係る各種法規制


« 1級実技2007問14 | トップページ | 1級実技2007問11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級実技2007問13:

« 1級実技2007問14 | トップページ | 1級実技2007問11 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ