2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 田部京子:東に向かう舞曲 | トップページ | クラシックギターのCDの解説って... »

Hamelin:Eight Concert Etudes op 40 No 3

前の記事で吉松隆氏の音楽をクラシック、ジャズ、ロックいずれでもない音楽といいましたが、この流れでくれば...当然、このCDをとりあげないわけにはいきません。

以前の記事で、私はJazzが苦手と発言しました。その理由の1つに、即興についていけないということがあります。"Modern Jazz"などでは、原曲を自由自在にアレンジし、演奏していくわけですが、曲中のある時点からわからなくなります。それは、Jazz村の住人の閉じた世界へ入っていくようなものに感じられます。おそらく...その世界に入り込める人のための音楽なのでしょう。それが悪いというつもりはありませんが。

反対に、このKapustin氏の音楽は、Jazzのテイストを持ちながらもわかりやすく、いずれのジャンルの聴き手にも開かれた音楽のように思います。そのなかでもお気に入りなのは、"Toccatina"です。猛烈なスピードで駆け抜ける爽快感は格別です。特に後半の軽やかに飛翔していくような感覚は他の曲ではなかなか味わえません。



残念ながら、このCDに試聴ソースはありませんがこんな演奏を見つけました。Hamelin氏の整った演奏よりもインパクトがあるかも。

« 田部京子:東に向かう舞曲 | トップページ | クラシックギターのCDの解説って... »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hamelin:Eight Concert Etudes op 40 No 3:

« 田部京子:東に向かう舞曲 | トップページ | クラシックギターのCDの解説って... »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    Nortonロゴ

  • HonyaClub.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ