2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ClockLink.com

Link

最近のトラックバック

« 10年以上前のデジカメをMacで使う。:その1 | トップページ | 私がTVを買い替えない理由:その2 »

私がTVを買い替えない理由:その1

私が持っているTVは20年前に購入したSONYの19型(KV-19HT1)。さすがに最近は画面の両脇がゆがみ、黒い部分が少しずつ幅を増してきています。でも、しばらく買い替える予定はありません。その理由をこれから述べていくことにします。

その前に、この機種の2つのちょっと変わった特徴をあげておきましょう。
1つ目は、本体のボタンが電源スイッチのみということ。(あとの操作はリモコンでおこないます)
2つ目は、スピーカーがついていないこと。

なんで、わざわざこんな機種を買ったのか。一番の理由は、見た目がシンプルであったことです。実際、TV本体にさわるのは、On-Offするときくらいだし、音声に関してはLine-Outからアンプにつなげば、既存のステレオ装置がそのまま生かせるではないかという考えからでした。

でも、ステレオでLPやCDを聴きながら、TVもみるということもあり、後にオプションのアクティブスピーカー(SONY:SRS-X100)を買うことになりました。しばらくして、プリメインアンプ(KENWOOD:KA-1100D)の片チャンネルが断続的にしか聞こえなくなるというトラブルに見舞われました。当然修理ということになります。そのとき、待てよ...その必要ってないんじゃないかという考えが頭をよぎりました。その理由としては、昔おもに聴くのはLPだったが、いまはほとんどがCD。LPの場合はプリメインアンプの「プリ」アンプ部分の「イコライザー」が必須だが、CDについては「イコライザー」は不要だから、もともと「パワー」アンプ部分が含まれているアクティブスピーカーにダイレクトに信号を流しても問題ないということ。(どうしてもLPを聴きたいときは、昔のアンプを使うことにするのです。以前買ったLPのなかには低価格のCDで再発され、買いなおすケースもあり、実際はほとんど支障はありませんでした)あとは「プリ」アンプ部分の「ボリューム機能」をどう確保するかです。

その2に続く...

月額105円からのかわいいサーバー!ロリポップ!

« 10年以上前のデジカメをMacで使う。:その1 | トップページ | 私がTVを買い替えない理由:その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私がTVを買い替えない理由:その1:

« 10年以上前のデジカメをMacで使う。:その1 | トップページ | 私がTVを買い替えない理由:その2 »

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール
    プレミアム バンダイ
    アンダーアーマー公式通販
    MoMA STORE
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com

    デル株式会社
    ノートンストア

  • HonyaClub.com

無料ブログはココログ