2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

住宅ローンの金利の種類

固定金利型住宅ローン
変動金利型住宅ローン


資格の大原 FP入門講座開講

住宅ローンの一般的な特徴


1級実技2018問2

問2: 損益分岐点となる為替レート


正解: 1


米ドルベースの税引前利息: 52.5米ドル = 10,000米ドル × 1.05%× 6ヵ月 / 12ヵ月
米ドルベースの税引後利息: 42米ドル = 52.5米ドル × (1 - 20%)
米ドルベースの元利合計: 10,042米ドル = 10,000米ドル + 42米ドル

円ベースの預入額: 1,070,000円 = 10,000米ドル × (106.00円 + 為替手数料: 1.00円)

損益分岐点となる為替レート: 107.56円 (小数点以下第3位を切り上げ)
= (1,070,000円 / 10,042米ドル) + 為替手数料: 1.00円


よって、正解は 1 となる。


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集
資格の大原 FP入門講座開講
| 1級実技の出題傾向(2018) |


関連問題:
損益分岐点となる為替レート


総合問題

2級学科:
200805問題3: 平成19年中の社会保険料や税率の変更等

2級実技(資産設計提案業務):
201809問29: つみたてNISAとiDeCo


資格の大原 FP入門講座開講

課目別(FP協会/金財)


2級(AFP)実技201809問29

問29: つみたてNISAとiDeCo


正解:
(ア) 2
(イ) 1
(ウ) 3
(エ) 10


つみたてNISA:
年間拠出限度額: 新規投資額で毎年40万円
非課税期間: 最長20年

(租税特別措置法第37条の14第5項第4号)

よって、(ア) は 2、 (イ) は 1。


iDeCo:
積立可能期間: 60歳まで(確定拠出年金法第62条第3項第2号)
税法上のメリット: 掛金全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となる(所得税法第75条第2項第2号)

よって、(ウ) は 3、 (エ) は 10。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問28 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201809) | 問30 >>


関連問題:
総合問題



可処分所得の金額

2級学科:
201701問題2: 可処分所得
201209問題2: 可処分所得の金額
201109問題3: 可処分所得の金額
200905問題2: 可処分所得
200901問題2: 可処分所得の金額

2級実技(資産設計提案業務):
201709問22: 可処分所得
201201問21: 可処分所得

3級学科:
201601問32: 可処分所得の金額
201405問32: 可処分所得の金額
201305問31: 可処分所得の金額


資格の大原 FP入門講座開講

可処分所得


2級(AFP)実技201809問11

問11: 生命保険の保険料支払時における一般的な経理処理


正解:
(ア) 1
(イ) 1
(ウ) 3
(エ) 2


被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である定期保険の保険料は、その全額が損金となる。


定期保険A: 保険期間満了の時における被保険者の年齢が 70歳を超えていないので、長期平準定期保険には該当しない。

保険期間満了の時における被保険者の年齢: 49歳 < 70歳

「定期保険Aは支払保険料の全額が損金となります。」


定期保険B: 保険期間満了の時における被保険者の年齢は 70歳を超えているが、当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が 105を超えていないので、長期平準定期保険には該当しない。

契約年齢:44歳 + 保険期間:(71歳 - 44歳) × 2 = 98 < 105

「定期保険Bは支払保険料の全額が損金となります。」


よって、(ア) および (イ) はともに 1。


定期保険C: 保険期間満了の時における被保険者の年齢が 70歳を超え、かつ当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が 105を超えているので、長期平準定期保険に該当する。

契約年齢:44歳 + 保険期間:(99歳 - 44歳) × 2 = 154 > 105


「定期保険Cは保険期間の前半60%に相当する期間、支払保険料の 2分の1相当額が資産計上となります。」

よって、(ウ) は 3。


被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である終身保険の保険料は、その全額が資産計上となる。

「終身保険Dは支払保険料の全額が資産計上となります。」

よって、(エ) は 2。


資格の大原 資格の大原 公認会計士講座
<< 問10 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201809) | 問12 >>


関連問題:
生命保険契約の保険料に係る経理処理


身体の傷害に基因して支払われる保険金等

3級学科:
201401問20: 非課税所得とされる保険金
201205問18: 入院給付金と課税


資格の大原 資格の大原 税理士講座

所得税の非課税所得


1級実技2018問6

問6: 地震保険


正解:
(ア) ×
(イ) ×
(ウ) 〇
(エ) ×


(ア) 誤り。「地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による被害を補償する保険となっていますので、火山の噴火に伴う噴石で自宅建物が全壊した場合でも、地震保険から保険金が支払われます。」

(イ) 誤り。「地域により地震の発生確率が異なるため、地震保険の保険料は、保険対象である建物および家財を収容する建物の所在地により異なります。なお、地震保険は、損害保険会社が負う地震保険責任の一部を、政府が再保険により引き受けることで成り立っています。」

(ウ) 正しい。「地震保険の保険金が支払われる場合、損害の程度が小半損と判定されたとき、支払われる保険金の額は、地震保険金額の 30&です。」

(エ) 誤り。「地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の 30~50%の範囲内で設定することとなっており、その限度額は、居住用建物は 5,000万円、家財は 1,000万円です。」


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集
資格の大原 FP入門講座開講
| 1級実技の出題傾向(2018) |


関連問題:
地震保険


不動産の登記事項証明書の交付請求

3級学科:
201809問21: 不動産の登記事項証明書の交付請求
201309問21: 登記事項証明書の交付請求ができる者


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座

関連問題:
登記記録


«2級(AFP)実技201809問9

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ