2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

2級(AFP)実技201901問12

問12: 生命保険料控除の金額


正解: 3


[定期保険(無配当)]

2018年の年間支払保険料: 67,000円

2011年12月31日以前に締結した保険契約なので、[2011年12月31日以前に締結した保険契約(旧契約)等に係る控除額]の表より、年間の支払保険料の合計が 「50,000円超 100,000円以下」の控除額の式を適用する。

一般の生命保険料控除額: 41,750円 = 67,000円 × 1/4 + 25,000円


[個人年金保険(税制適格特約付)]

2018年の年間支払保険料: 215,230円

2012年1月1日以降に締結した保険契約なので、[2012年1月1日以降に締結した保険契約(新契約)等に係る控除額]の表より、年間の支払保険料の合計が 「80,000円超」の控除額の式を適用する。

個人年金保険料控除額: 40,000円


2018年分の所得税における生命保険料控除の金額: 81,750円
= 一般の生命保険料控除額: 41,70円 + 個人年金保険料控除額: 40,000円


よって、正解は 3 となる。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
| 2級(AFP)実技の出題傾向(201901) | 問13 >>


関連問題:
生命保険料控除額


一般の生命保険料控除額

2級実技(資産設計提案業務):
201209問35: 生命保険料控除の金額

3級実技(資産設計提案業務):
201809問9: 生命保険料控除の金額
201405問11: 生命保険料控除額
201209問10: 生命保険料控除額


資格の大原 資格の大原 税理士講座

生命保険料控除額


2級学科201901問題14

問題14: 生命保険料控除


正解: 3


1. 不適切。変額個人年金保険の保険料は、個人年金保険料控除の対象とはならず、一般の生命保険料控除の対象となる(所得税法第76条第5項、同第6項、同第8項、同第9項)。

2. 不適切。平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約に付加された傷害特約の保険料は、一般の生命保険料控除の対象とならない(所得税法第76条第5項)。

3. 適切。平成23年12月31日以前に締結した定期保険特約付終身保険の定期保険特約部分を平成24年1月1日以後に更新した場合、生命保険料控除においては平成24年1月1日以後に新規に締結した保険契約と同様の取扱いとなる(所得税法第76条第10項)。

4. 不適切。保険料の未払いにより自動振替貸付となった場合、それによって立て替えられた金額は、貸し付けられた年の生命保険料控除の対象となる(所得税基本通達76-3(2))。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問題13 | 2級学科の出題傾向(201901) | 問題15 >>


関連問題:
生命保険料控除


株式欄

2級実技(資産設計提案業務):
201601問3: 株式欄

3級実技(資産設計提案業務):
201805問4: 株式欄
201405問3: 株式欄


資格の大原 FP入門講座開講

経済面


3級(協会)実技201901問3

問3: マーケット総合欄


正解: 3


1. 適切。2018年6月21日の日経平均株価は、前日終値比マイナスで推移した時間帯(9時半頃から10時半頃まで)があった。

2. 適切。2018年6月21日17時時点のドル/円相場は、1ドル= 110円53銭の買値と 1ドル= 110円54銭の売値が提示されていた。

3. 不適切。2018年6月21日の新発10年国債利回りの終値は、前日比変わらずの 0.035%だった。


資格の大原 FP入門講座開講
<< 問2 | 3級(協会)実技の出題傾向(201901) | 問4 >>


関連問題:
経済面


上場株式の相続税評価

3級学科:
201801問29: 上場株式の相続税評価額


上場株式の相続税評価額


資格の大原 ConoHa WING 資格の大原 税理士講座

株式の相続税評価額


3級学科201901問59

問59: 上場株式の 1株当たりの相続税評価額


正解: 1


平成30年12月20日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の 1株当たりの相続税評価額は、下記の〈資料〉によれば、2,300円である。

〈資料〉上場株式Xの価格
平成30年10月の毎日の最終価格の平均額: 2,300円
平成30年11月の毎日の最終価格の平均額: 2,400円
平成30年12月の毎日の最終価格の平均額: 2,400円
平成30年12月20日の最終価格: 2,500円


上場株式の価額は、課税時期の終値および課税時期の属する月以前3ヵ月間の毎日の終値の各月ごとの月平均額のうち、最も低い価額により評価する(財産評価基本通達169)。


よって、正解は 1 となる。


資格の大原 資格の大原 税理士講座
<< 問58 | 3級学科の出題傾向(201901) | 問60 >>


関連問題:
上場株式の相続税評価額


雇用保険の基本手当の受給手続き

2級実技(資産設計提案業務):
201901問34: 雇用保険の基本手当の受給手続き
201501問38: 基本手当の受給スケジュール等


資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座

雇用保険の基本手当


«2級(AFP)実技201901問34

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ