2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

投資信託のパフォーマンスの評価

2級学科:
201501問題21: 投資信託のパフォーマンスの評価

3級学科:
201109問12: 投資信託の評価


資格の大原 FP入門講座開講

投資信託のディスクロージャー

2級(AFP)実技200905問5

問5: 金利等の種類とその特徴


正解:
(ア) 5
(イ) 3


新発10年物国債利回り:
新規に発行された償還期間10年の国債の流通利回りのことで、現在、日本の長期金利の指標的な存在となっている。

よって、(ア) は 5. 新発10年物国債利回り。

短期プライムレート:
銀行(民間金融機関)が優良企業向けの短期貸出しに対して適用する最優遇貸出金利。現在では、新短期プライムレートとも呼ばれている。

よって、(イ) は 3. 短期プライムレート。


資格の大原 FP入門講座開講

<< 問4 | 2級(AFP)実技の出題傾向(200905) | 問6 >>


関連問題:
経済指標

パッシブ運用とアクティブ運用

3級学科:
201105問43: 投資信託の運用手法


パッシブ運用
アクティブ運用


資格の大原 FP入門講座開講

投資信託の運用スタイル

2級(AFP)実技201805問5

問5: 株式の取引


正解: 2


1. 適切。細川さんの平均購入単価は、宇野さんの平均購入単価よりも低くなっている。

細川さんの平均購入単価: 4,950.495円
= 購入金額合計: (10,000 + 10,000 + 10,000 + 10,000 + 10,000)円 / 購入株数合計: (1.8 + 2.0 + 1.9 + 2.2 + 2.2)株

宇野さんの平均購入単価: 4,978円
= 購入金額合計: (11,260 + 9,760 + 10,300 + 9,160 + 9,300)円 / 購入株数合計: (2 + 2 + 2 + 2 + 2)株

細川さんの平均購入単価: 4,950.495円 < 宇野さんの平均購入単価: 4,978円


2. 不適切。細川さんは、保有株式数が 100株未満であっても売却できる。


3. 適切。単元未満株のみを保有する株主については、議決権の行使は認められない。PT株式の 1単元は 100株である。したがって、10株のみを保有する宇野さんは、2018年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。


4. 適切。単元未満株のみを保有する株主であっても、利益配当請求権は認められる。したがって、宇野さんは、2018年3月期の期末株主配当金として、1,000円(税引前)を受け取ることができる。


資格の大原 FP入門講座開講

<< 問4 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201805) | 問6 >>


関連問題:
株式市場の仕組みと特徴

アクティブ運用

2級学科:
201801問題23: 株式投資信託の一般的な運用手法等
201509問題22: 投資信託等の運用手法
201401問題23: 株式投資信託の運用手法等
200809問題23: 株式型投資信託の運用手法

3級学科:
201309問15: 投資信託の運用手法
201109問42: 株式投資信託の投資手法

3級実技(資産設計提案業務):
201501問4: 投資信託の運用スタイル・運用手法


資格の大原 FP入門講座開講

パッシブ運用とアクティブ運用

2級(AFP)実技201805問21

問21: 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税


正解:
(ア) 2
(イ) 4
(ウ) 7
(エ) 8


露木さん: 「初めての自宅取得に当たり、祖父から金銭の贈与を受ける予定です。『直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税』の適用を受けた場合、非課税となる贈与の上限額を教えてください。」

東さん: 「自宅取得のための契約締結日が 2018年の場合、受贈者ごとに、省エネ等住宅は 1,200万円を上限(租税特別措置法第70条の2第2項第6号イ)として、それ以外の住宅は 700万円を上限(同号ロ)として、非課税で贈与を受けることができます。」

よって、(ア) は 2. 700。

露木さん: 「この制度の適用を受けた場合、同じ年に 110万円の基礎控除を受けることはできますか。」
東さん: 「同年中に、暦年課税における 110万円の基礎控除を受けることは可能です。」

よって、(イ) は 4. 可能。

露木さん: 「この制度の適用を受けるための要件を教えてください。」

東さん: 「贈与を受ける人が、『贈与を受けた年の 1月1日において 20歳以上であること(租税特別措置法第70条の2第2項第1号)』や、『贈与を受けた年の翌年 3月15日までにその家屋に居住すること、または同日後遅滞なくその家屋に居住することが確実であると見込まれること(同第1項)』などの要件があります。」

よって、(ウ) は 7. 1月1日、(エ) は 8. 3月15日。


資格の大原 資格の大原 税理士講座

<< 問20 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201805) | 問22 >>


関連問題:
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税

パッシブ運用

3級学科:
201401問43: 投資信託の運用手法
201301問42: 投資信託の運用手法
201201問12: インデックス型の株式投資信託


資格の大原 FP入門講座開講

パッシブ運用とアクティブ運用

2級(AFP)実技201805問6

問6: 金投資


正解:
(ア) 〇
(イ) 〇
(ウ) 〇


(ア) 正しい。個人が金地金を売却した場合の所得は、譲渡所得として課税される(が、営利目的あるいは事業として、継続的に行っている場合、雑所得あるいは事業所得として課税される)。

(イ) 正しい。個人が金地金を業者に売却する際には、売却代金の他に、売却代金の消費税相当額を受け取ることができる(が、課税事業者でなければ、消費税の納税義務はない)。

(ウ) 正しい。金地金は、一般的に地政学的リスクに対して強いと考えられている代表的な資産である。


資格の大原 FP入門講座開講

<< 問5 | 2級(AFP)実技の出題傾向(201805) | 問7 >>


関連問題:
金投資

弁護士資格や税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーの行為

2級実技(資産設計提案業務):
200805問1: 弁護士資格および税理士資格を有していないFPが行った業務


弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーの行為
税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為


資格の大原 FP入門講座開講

FP実務と倫理

«2級(AFP)実技201805問14

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ