2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google PageRank

  • Free PageRank Checker ムームードメイン

最近のトラックバック

Link

建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合の規制

3級学科:
201405問23: 建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合の規制
201205問23: 建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合の規定


建築基準法


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座

3級学科201401問59

問59: 贈与税の配偶者控除


正解: 1


贈与税の配偶者控除は,婚姻期間が 20年以上である配偶者からの居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与についてその適用があり,控除限度額は 2,000万円である(相続税法第21条の6)。


よって,正解は 1 となる。


関連問題:
贈与税の配偶者控除の概要


<< 問58 | 3級学科の出題傾向(201401) |


資格の大原 資格の大原 税理士講座

3級学科201405問60

問60: 貸付事業用宅地等に該当する場合の評価額の減額


正解: 1


相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の貸付事業用宅地等に該当する場合,200平米を限度面積として評価額の 50%を減額することができる(租税特別措置法第69条の4第2項第3号,同条第1項第2号)。


よって,正解は 1 となる。


関連問題:
貸付事業用宅地等に該当する場合に減額される金額


<< 問59 | 3級学科の出題傾向(201405) | 問1 >>


資格の大原 資格の大原 税理士講座

建ぺい率の緩和措置

3級学科:
201705問54: 耐火建築物を建築する場合の緩和措置
201501問53: 建築基準法の規定における緩和措置


建ぺい率


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座

3級学科201205問53

問53: 不動産所得の損益通算


正解: 1


下記の〈資料〉の不動産所得の金額の計算上生じた損失のうち,他の所得の金額と損益通算が可能な金額は,30万円である。なお,損益通算をするにあたって必要とされる要件はすべて満たしているものとする。

〈資料〉 不動産所得に関する資料
総収入金額: 200万円
必要経費(※): 300万円
(※)必要経費のなかには,土地を取得するために要した負債利子の金額70万円が含まれている。

不動産所得: ▲100万円
= 総収入金額: 200万円 - 必要経費: 300万円

他の所得の金額と損益通算が可能な金額: 30万円
= 不動産所得の金額の計算上生じた損失: 100万円 - 土地等を取得するために要した負債利子の金額: 70万円※


よって,正解は 1 となる。


※不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、その不動産所得を生ずべき土地等の取得に要した負債の利子の額に相当する部分の金額は、他の所得の金額と損益通算することはできない(租税特別措置法第41条の4第1項)。


関連問題:
不動産所得の損益通算


<< 問52 | 3級学科の出題傾向(201205) | 問54 >>


資格の大原 資格の大原 税理士講座

長期譲渡所得

3級学科:
201505問53: 長期譲渡所得に区分されるもの
201205問52: 長期譲渡所得に該当するもの


長期譲渡所得と短期譲渡所得


資格の大原 資格の大原 税理士講座

3級学科201401問58

問58: 相続の放棄


正解: 2


相続の放棄をしようとする者は,自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として 3カ月以内に,その旨を家庭裁判所に申述しなければならない(民法第915条第1項)。


よって,正解は 2 となる。


関連問題:
相続放棄


<< 問57 | 3級学科の出題傾向(201401) | 問59 >>


資格の大原 資格の大原 行政書士講座

3級学科201405問59

問59: 相続税の申告書の提出期限


正解: 3


相続税の申告書の提出は,原則として,その相続の開始があったことを知った日の翌日から 10カ月以内にしなければならない(相続税法第27条)。


よって,正解は 3 となる。


関連問題:
相続税の申告期限


<< 問58 | 3級学科の出題傾向(201405) | 問60 >>


資格の大原 資格の大原 税理士講座

3級学科201409問60

問60: 相続時精算課税の税率


正解: 1


相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は,この制度に係る贈与財産の価額から特別控除額(累計2,500万円)を控除した後の残額に,一律20%の税率を乗じて算出する(相続税法第21条の13)。


よって,正解は 1 となる。

関連問題:
相続時精算課税制度


<< 問59 | 3級学科の出題傾向(201409) | 問1 >>


資格の大原 資格の大原 税理士講座

«長期譲渡所得と短期譲渡所得

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    ニッセン
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    キャラクタートイの通販専門『キャラネット』!!
    ユーブック
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    BLISTER - ブリスター: World Characters Store
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • メルマガ購読・解除
     

  • Honya Club.com
    • SEO診断

無料ブログはココログ