2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

最近のトラックバック

ブログランキング

NISAとジュニアNISAの比較

1級実技(資産設計提案業務):
2016問3: NISAとジュニアNISAの比較

3級実技(資産設計提案業務):
201701問4: 少額投資非課税制度と未成年者少額投資非課税制度


資格の大原 資格の大原 税理士講座

NISA

2級学科200905問題14

問題14: 法人が入院給付金を受け取った場合の経理処理


正解: 3


入院給付金等を法人が受け取る場合、雑収入として益金に計上する。したがって、契約者(= 保険料負担者)および死亡保険金受取人が法人、被保険者が全従業員である生命保険契約において、法人が入院給付金 7万円を受け取った場合の経理処理の仕訳は、以下のようになる。

借方 /貸方
現金・預金: 70,000円 / 雑収入: 70,000円

よって、仕訳の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものは 3 となる。


資格の大原 資格の大原 公認会計士講座

<< 問題13 | 2級学科の出題傾向(200905) | 問題15 >>


関連問題:
生命保険契約の保険金、給付金、解約返戻金に係る経理処理

一時払養老保険の税務

3級学科:
201301問20: 一時払養老保険(10年満期)の満期保険金の課税
201209問49: 一時払養老保険の差益


資格の大原 資格の大原 税理士講座

養老保険の税務

2級学科200909問題59

問題59: M&A


正解: 4


1. 適切。吸収合併とは、会社が他の会社とする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併後存続する会社に承継させるものをいう。

2. 適切。新設合併とは、2以上の会社がする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を、合併により設立する会社に承継させるものをいう。

3. 適切。株式交換による企業買収では、買収会社が被買収会社を子会社化するため、被買収会社は消滅せずそのまま残る。

4. 不適切。事業譲渡の譲受会社は、事業譲渡により取得した営業権を償却することができる。


資格の大原 資格の大原 公認会計士講座

<< 問題58 | 2級学科の出題傾向(200909) | 問題60 >>


関連問題:
会社法

養老保険の税務

2級実技(資産設計提案業務):
201109問35: 養老保険の相続税法上の取扱い


一時払養老保険の税務


資格の大原 資格の大原 税理士講座

生命保険契約の税務

1級実技2014問2

問2: 修繕分担表


正解:
(ア) 2
(イ) 3
(ウ) 5


「原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」 (「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版) 8ページ)である。


賃借人の負担となるもの

【床(畳・フローリング・カーペットなど)】

・引越作業等で生じた引っかきキズ

賃借人の善管注意義務違反または過失に該当する場合が多いと考えられるため。

よって、(ア) は 2。

【壁、天井(クロスなど)】

・賃借人が天井に直接つけた照明器具の跡

あらかじめ設置された照明器具用コンセントを使用しなかった場合には、通常の使用による損耗を超えると判断されることが多いと考えられるため。

よって、(イ) は 3。

【設備、その他】

・風呂、トイレ、洗面台の水垢、カビ等(賃借人が清掃・手入れを怠った結果汚損が生じた場合)

使用期間中に、その清掃・手入れを怠った結果汚損が生じた場合は、賃借人の善管注意義務違反に該当すると判断されることが多いと考えられるため。

よって、(ウ) は 5。


1級FP技能検定実技試験(資産設計提案業務) 精選過去問題集

資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座

<< 問1 | 1級実技の出題傾向(2014) | 問3 >>


関連問題:
不動産の売買契約における留意点

短時間労働者の社会保険

1級実技(資産設計提案業務):
2009問8: 短時間労働者の社会保険
2004問6: 社会保険の適用

2級実技(資産設計提案業務):
201705問32: 短時間労働者に対する社会保険の適用拡大


資格の大原 資格の大原 社会保険労務士講座

社会保険の適用

2級(AFP)実技200801問7

問7: 不動産の調査


正解:
(ア) 6
(イ) 2
(ウ) 5


・対象となる土地に抵当権などが設定されているかどうかは、登記事項証明書を入手して調べることができる。

よって、(ア) は 6. 登記事項証明書。

・当該土地に建物を建てるときの最大の建築面積は、都市計画図に記された建ぺい率の数字等から計算できる。

よって、(イ) は 2. 都市計画図。

・路線価図では 、財産評価基本通達における借地権割合を調べることができる。

よって、(ウ) は 5. 路線価図。


資格の大原 資格の大原 宅建主任者講座

<< 問6 | 2級(AFP)実技の出題傾向(200801) | 問8 >>


関連問題:
不動産の調査

公的介護保険の被保険者

3級学科:
201705問32: 公的介護保険の被保険者
201405問3: 公的介護保険の第2号被保険者
201301問34: 公的介護保険の被保険者


資格の大原 資格の大原 ホームヘルパー講座

公的介護保険

«1級実技2014問9

FP関連書籍の検索


  • マクロミルへ登録


    ドクターシーラボ
    NEC Direct(NECダイレクト)
    マカフィー・ストア
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    プレミアム バンダイ
    クロックス オンラインショップ
    アンダーアーマーTOPページにリンク クリアランスセール120×60
    Sony Music Shop
    HP Directplus オンラインストア
    ビックカメラ.com
    デル株式会社
    シマンテックストア

  • ホテル札幌ガーデンパレス
    ホテルクラビーサッポロ ゲストハウス「バーレイ」
    センティール・ラ・セゾン函館山
  • アフィリエイト

  • Honya Club.com

  • メルマガ購読・解除
     
無料ブログはココログ